キラキラネームのメリット・デメリット

世間でよくテーマになるキラキラネームは音を重要視した命名法で、読みを決めた上で当てる漢字や文字をどうするか考えるパターンが多いようです。逆に文字や漢字が先行して読みを考えるパターンもあり、一見昔からある漢字で普通に読めそうなのに読みがキラキラの場合です。覚え易い・忘れないなどメリットはありますが、初見で読めない・文字が複雑で小学生の学力では書けないなどのデメリットもあります。被るのも嫌ですが奇抜過ぎてもダメなんですね。

命名に法律って関係あるの?

命名する際に注意する点は人名に使える漢字かどうかで、せっかく命名しても出生届で受理されない漢字では意味がありません。一番無難な方法は命名辞典などを活用して使える漢字かチェックする方法で、通常の辞典よりも漢字の由来などを詳しく説明しているので便利です。戸籍上一度登録した漢字は変更できませんが読みは簡単に変更できますので区市町村の市民課など戸籍を管理する窓口に相談しても良いです。子供に最初に与えるプレゼントですから由来などしっかり考えてあげたいですね。

画数って気にする?しない?

命名した際に画数を気にする方が多いですが、画数ばかり気にし過ぎて全体のバランスを見落とすケースが見られますので最終チェックを怠らないようにします。結婚すると女の子は苗字が変わって画数なんて関係ないと考えている家庭も少なからずあります。本や雑誌・命名辞典などの画数の結果や意味が其々違っており判定方法が複数存在するので、どれを信用していいか判らない方もいますが重要なポイントは良い結果を信じる事で全て良い結果になる名前は難しいので希望通りで思い描いた未来に近い名前にしてあげると良いです。

マンションの名前を命名する時には、入居したい気持ちになるようなセンスの良いものにすることが大切です。