命名は意外と奥が深い!

妊娠が発覚してこれから7か月後、8か月後子供が生まれるまでにやっておくことはたくさんありますね。子供服の準備やオムツの準備、ベビーカーやベビーベッドの準備などです。物の準備は山ほどありますが、命名をするという重要事項もあります。親が子供に与える最初で最後のプレゼントという点で、慎重に考えなければならないのが命名なのです。命名の重要性は、その名前でその子の人生が決まってしまうことがあるという点です。

親の欲で名前を付けてはいけない

命名をする時には、親自らが付けることが多いのです。昔は祖父や祖母、お寺のお坊さん、近所の長老などにつけてもらったという例も少なくありませんでした。今でも祖父や祖母につけてもらう人もいるはずですが、核家族している家が多い中、やはり親自らが名前をつけるパターンが増えているのですね。命名をする場合には、親の欲で付けてしまう人がいますが、親の欲で付けるのと親の気に入った名前を子供のために付けるのでは大きく違いがあります。

子どもは親の物かどう出ないか

親は子供を自分のものと考える人も多くなってきました。もちろん他人の子供に対してあなたの子供はあなたの物ではないんだよと言ってもひんしゅくですので、価値観はそれぞれ人によって変わってきますが、ただ、親が自分たちのことしか考えずにかっこいいから、かわいいからという理由で名前を付けてしまったことにより、子供が物心がついたころ嫌がり改名をしようとする人も珍しくないのです。親としては子供のことを考えて命名するのが一番子供にとってもよいことなのです。

姓名判断はとても便利な占いです。相性を知ることができますから、気になる人ができた時にはおすすめです。